通信講座でWEBライティング技能検定の勉強をする

WEBライティング技能検定のハードルは高くない

通信講座でWEBライティング技能検定の勉強をする

パソコン操作

通信講座で送られてくる教材の内容

WEBライティング技能検定の通信講座を申し込んだ場合、送られてくる教材は主にガイドブック、教科書、問題集の三種類です。タイピングの練習ガイドなどが付属されている場合もありますが、基本的に教材は、どのように勉強すれば良いのかを記したガイドブック、勉強に必要な教科書、試験問題を想定した問題集の三種類に分類されます。
まずはガイドブックを読み勉強の進め方を理解し、それを理解したうえで教科書や問題集を活用し実際の勉強を進めて行くのです。

通信講座完了までの学習時間

通信講座でWEBライティング技能検定の勉強を進めた場合の学習時間は、何日間必要、何週間必要、といったように、一概に断言することはできません。個人差が大きいからです。理解力や予備知識はもちろん、実際に一日のうちどの程度の時間を勉強に費やすことのできるのか、と言った部分にも個人差があります。ただWEBライティング技能検定はそこまでハードルの高い検定ではありませんので、早い人であれば一週間から二週間程度の学習時間でも十分に合格が見込めるでしょう。

どんな仕事があるの?資格を取った後に働ける職業

WEBライティング技能検定はその名の通り、WEBライティングの技能が一定水準以上であることを証明する検定です。合格後にそれを活かせる仕事も、やはりWEBライティングの仕事です。クライアントがWEBサイトに掲載するための文章の作成を請け負い、要望の通りに仕上げる仕事になります。
WEBライティングには会社員、パート、アルバイト、SOHOなど、さまざまな働き方があります。自分に適した働き方を選択することが重要になるのです。

副業で月2万以上の収入が増やせる

ライターとしてのスキルをクライアントに売り込む際に、WEBライティング技能検定に合格していることが評価されることは多々あります。副業で2万円以上稼ぐことも容易になるのです。

広告募集中